介護ケアー

介護をするときはどうやるの?

介護とはいっても、何をするといいのか分からないなんて人も多いのではないかと思います。介護をするには介護の資格が必要なのでは?と思う人もいるでしょう。でも、資格を持っていなくても私達に出来ることはいくつもあります。
介護は難しいといわれていますが、もちろん難しいこともあるかもしれません。けれど、簡単に出来る介護もあります。

身近な介護

ここでは主にお年寄りの介護についてご紹介していきます。介護とはいってもいろいろな介護があります。その中で私達が出来ることというと何があるとおもいますか?その方法をここではご紹介していきましょー。

余談ですが、最近は学校の職場実習なんかでも老人ホームでのお仕事体験などもできたりしますよね。そういった所にいって介護を少し勉強してみるのもいいんじゃないかなと思います。そういった機会があるなら興味がある人はやってみるのもいいと思います。
こういった機会でも介護についていろいろ知ることができますしね。

身の回りで介護をするきっかけとなるのが、自分のおじいちゃんだったり、おばあちゃんだったりすることがほとんどだと思います。
けれど、そのお世話をする人の多くは、お父さんだったり、お母さんだったりしますよね。でも、ほとんどの人はお父さんやお母さんに介護を任せっきりなんてことありませんか?

介護は一人では出来るものではありません。家族みんなの支えがあってからこそ出来るものです。お父さんお母さんに任せっきりだと、精神的なストレスや疲れが溜ったりしてしまうこともあるかもしれません。最近では介護に疲れてなどといった理由で、事件が起きていたりしますよね。そういった事にならない為にも、一人ではなく家族の支えが必要なのです。
じゃぁ私達になにが出来るのかというと、何か困っていたりすることがあれば、話しかけて何に困っているのかを聞いてあげましょー。探し物で困っているという場合には一緒になって探してあげるのも介護の一つです。

また、夜になると眠れないなんてお年寄りもいます。みなさんも夜になると一人では寂しくて寝れないなんてことないですか?お年寄りもそうなのです。
そんなときは一緒にいて話しをしたり側にいてあげると安心して眠りやすくなります。でも、だからといって無理をしてはいけないですよ!自分の出来る範囲で介護をするといいんです。介護をする人がいるからこそ介護を必要とする人が生活出来るのです。

でも、介護をしている人の中には仕事をしてからお家で介護をしているという人もいるかもしれません。頑張りすぎるのはあまりよくありません。頑張りすぎないようにしなければいけません。子供が一人で介護なんて当然出来ません。けれど、介護をしている人を助ける為にもなにか出来ることがあれば、すすんで手伝ってあげると介護をする人も少しは楽になるかもしれませんね。出来ることからはじめるといいのです。

 

check

Last update:2016/11/17