介護ケアー

どうして介護が必要?

みなさんはどうして介護は必要だと思いますか?みなさんが普段当たり前に出来ている事を、自分一人では出来ないからですよね。
何度も何度もいっていますが、生まれてきてから介護を必要とする人もいます。ひょっとすると例えば今日もし事故にあってしまって、今まで自由に出来たことが不自由になってしまったとき介護は必要になりますよね。誰かの支えがないと生きていけないという人も多くいます。
また、介護を必要とする人の多くはお年寄りです。これからの時代、高齢化社会によってお年寄りは増えていきます。そうすると介護を必要とするお年寄りも増えてきます。

なぜこんなにもお年寄りは介護を必要としているのかみなさん不思議に思ったことありませんか?そこで、介護を必要とするお年寄りの事を少し学習していきましょー。

介護を必要とする理由

人間は歳をとるにつれて、からだの機能は低下していきます。最初によく見られるのが視力です。通販で老眼鏡やメガネをかけていても、お年寄りとなると機能の働きがわるくなって、少し転んだだけでも骨折なんてこともあるのです。

でもなぜお年寄りはこんなにも介護を必要とするのかについてですが、みなさんも知っていると思いますが、歳をとってしまって体の機能が低下して自分一人では出来ないからなのです。歳をとってから病気になってしまうと、お年寄りは喋る事が出来なかったり、喋っているけれどうまく相手に伝わらなかったりやまた歳をとると耳の聞こえがわるくなったりもするものです。
耳の遠いお年寄りだと何度も何度も聞き返したりなんてこともありますよね。これはみなさんもわかると思います。

また、人間の体にはほとんど筋肉で出来ていますが、歳を取るとその筋肉も弱まってしまうので、足が痛い、手が痛いなんてことになってしまうのです。

また視力なども歳をとると低下してきます。メガネをしている人は分かると思いますが、メガネを外すと周りがぼやけてしまって見えなくなりますよね。壁にぶつかったりなんてことありませんか?
お年寄りもそうなのです。目の動きが鈍くなってしまうため、どこかにぶつかったりなんてこともあるのです。

そんな風にお年寄の体は歳をとるにつれて、筋肉や体力が低下していってしまいます。そのために介護が必要とされるのです。

私達も歳を取ると、おじいちゃんやおばあちゃんに誰でもなります。
そうすると、体の機能も低下していきます。そうなってくると介護が必要になってきますよね。
今は未だ若いから大丈夫なんてたぶんほとんどの人は思っているかもしれませんが、介護を必要とするのはお年寄りになってからとは限らないんですよ!今もし事故にあって体のどこかに障害をかかえてしまうことだって考えられるのです。

でも、みんながみんな介護を必要とするわけでもありません。中には、自分でやろうと頑張っている人もいます。一人一人が介護についてもっと知るべきではないかと私は思います。

 

注目サイト

最終更新日:2017/1/6